« やっと・・・ | トップページ | 瀬 »

2014年8月18日 (月)

昔は・・・

この川の40年前って?
Resize0034

地元の年配の釣り人と立ち話をしていろいろと聞いてみました。
話によると・・・
昔はこの川も蛇行していて深いと所もあって護岸工事によって掘削されて水位がだいぶ下がっている。
昔から虹鱒も居たが、山女、サクラ、イワナ、オショロコマと多種にわたって生息していた。
川床は一面真っ黒で川に入るとカラス貝に喰われた。カラス貝は食べるとゴムみたいな食感。
工事の時は堰き止めたら大きい鱒が沢山居た。
などなど・・・

いやぁ~、蛇行して周りは林だったって昔は畑がなかったのかな。
カワシンジュ貝の絶滅はヤマメが居なくなったからと思っていたけど・・・途別川に過去に居たということはこの川の近くの猿別川はヤマメがいるので今ももしかしたら生息しているのだろうか?

|

« やっと・・・ | トップページ | 瀬 »

コメント

wingさん 初めまして。

偶然、境遇や釣り歩いている川がとても似ている
ので興味を持って本日初めて拝見しました。
小生、実家が農業で士幌川の脇に居を構えておりまして
小学生くらいの頃から、音更や十勝の河川で釣りを通じ
遊んでおりました。
当時は堆肥置き場のミミズが餌でしたが、今はフライを
かじり、20年になります。
札幌に来てから20年なので、十勝を後にした直後にフライを覚え、車を手にし、十勝の良さを、十勝を去った後に痛感しました。
現在では両親に「孫の顔見せ」と称して、ロッドを積み込み2ヶ月に1度の頻度で帰省するのが楽しみになっています。
札幌近郊の釣り場も、随分と探し回りました。
小生が、この20年で良い思いをした札幌近郊河川は当別川・余市川・千歳川下流・志幌加別川くらいでしょうか?
しかし、やはり虹・雨に会いたい時は十勝以東です。
正直、札幌近郊で竿を出すならヤマメ・イワナを中心と考えて割り切って挑戦しています。
もちろん、近郊でもトロフィーサイズは居ると思いますが、十勝の河川には、独特の期待感やそれを裏切らないメモリアルが用意されている本当に素敵な場所だと思っています。
幼少の頃から馴染んだ故郷という贔屓目もあると思いますが、現に全道の河川・湖沼を回った今、そう思うのですから間違いないと思っています。
高速も繋がりましたし、益々近くなった十勝への帰省がライフワークみたいになっております。
今後も更新を楽しみに拝見させて頂きます。


投稿: 村瀬 | 2014年8月21日 (木) 23時40分

村瀬さん こんばんは、

私も小学生の頃は堆肥置場や澱粉工場で餌を取りウグイつりをしてました。小学館から出ていた「釣り入門」「川釣り入門」「ルアー釣り」など読み漁ってましたね。

千歳川上流は魚はあまり釣れてくれなかったですが景観が良いので好きな釣り場でした。当別川、志幌加別川も行ったのですが良い思い出がありません。

十勝平野を流れる川は釣り場までのアプローチが楽なのがよいです。そして殆どの川に虹鱒が居るって釣り人にとっては最高ですね。

十勝は札幌近郊で釣り場を探してる時間で着いてしまいますね。前回の大雨で川の流れも変わったと思いますので次に帰省する際は楽しいと思いますよ。

では、
車の運転にはお気をつけて、
釣りを楽しんでいきましょう。


投稿: wing | 2014年8月23日 (土) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556637/60173167

この記事へのトラックバック一覧です: 昔は・・・:

« やっと・・・ | トップページ | 瀬 »